青梅市で幼稚園探しをされている方へ

子育てが楽しくなる幼稚園があります。

青梅あけぼの幼稚園

青梅あけぼの幼稚園の幼児教育

4-2-1

あけぼのの保育の根底を流れている、神様の愛に触れ、1人1人が愛されている安心感の中で、
自分自身を認め愛し、お友達のことも愛することができるようになります。

全人格的ふれあい

先生と子ども達は、保育のなかで全人格的なふれあいを重ねながら毎日を過ごしていきます。
思いやりの心、自発性、体力、知力、適応能力は、全人格的な生活の全領域から成長していきます。

親子の時間

あけぼの幼稚園では、親子が同じ時間を共有し、子ども達の気持ちを共感する行事や場を大切に考えています。
弟妹さんの託児もあります。どうぞ、子どもたちの姿や気持ちを大切に感じていきましょう。

縦割保育

保育内容に応じて適宜、縦割保育を取り入れています。
年齢が高い子どもたちは小さいお友達に優しく接することを学び、小さいお友達はおにいさん・おねえさんから良い刺激を受けて、お互いに成長と自立が生まれてます。

水曜こども礼拝

毎週水曜日、礼拝堂に集まって、賛美歌を歌い、牧師である園長先生から、聖書や神様について、楽しくお話を聞きます。学校では学べない大切なことを今ここで学んでほしいと願っています。

CS幼稚科

日曜日にも保育があります。子どもたちが歩いて行く人生で、一番の柱になる「心」を育てる時間。同時に、ご両親向けの礼拝もあります。毎月第1日曜日の親子礼拝では、園児発表などご家族一緒に参加できる内容を用意しています。

4-2-2

からだ

先生との深い触れ合い、お友達との関わりを経験しながら、いっぱい遊び、学びます。
元気なからだの上に、その子らしい優しさ、豊かな心、生きる力が育ちます。

毎日の運動

毎朝、先生と一緒に思い切り走ることから一日が始まります。身体と脳を目覚めさせ、気持に勢いをつけます。活動に取り組む準備運動として、もちろん基礎体力作りとして欠かせないものです。運動のレベルは一人ひとりに合わせて進めますので、少しずつ出来ていって、子どもたちには自信がつきます。

体育の時間

週1回、専門講師による体育指導があります。 小さな「出来た!」を大切にし、身体を動かす楽しさを満喫できる時間です。
お昼休みには、講師の先生と遊ぶこともできるので、子どもたちが心待ちしています。

元気な歯

歯は、健康な体の源。
子どもたちが自分の歯を大切に出来るように、歯科検診日には、歯科医の先生方からお話やブラッシング指導があります。昼食後は自分で歯磨きタイム。
全日本歯科保健優良表彰で奨励賞、東京都推薦校などの賞もいただいています。

4-2-3

学び

あけぼの幼稚園では、独自の教育理論と実践の中でカリキュラムを組み、心の成長、身体の成長、そして知的な成長全てにバランスのとれた保育を行っています。

人格を尊重し合う

小学校に向けての知的教育の指針も大切ですが、あけぼの幼稚園での学びで一番大切にしていることは、人それぞれの異なった人格や良さを尊重しあう経験、気持ちの共有です。
保育のさまざまな場面で、先生は子どもたちに、お互いの心を感じとれるよう”気づき“を与える言葉かけをしていきます。

英語の時間

幼稚園時代に英語に触れておくと、小学校以降の英語への準備が整い、異文化を理解するのに大きく役立ちます。歌、手遊び、身体を使ったゲーム、造形など、普段の保育活動をすべて英語を使って行います。英語を楽しく体験し、英語独自の発音も身につきます。
週一回、専任講師のオリジナルカリキュラムで、歌、手遊び、身体を使ったゲーム、造形などを英語のみで行います。

音楽

子どもたちは歌が大好き。あけぼの幼稚園には、歌声があふれています。全身から声を出す毎朝の発声練習は幼稚園全体に響き渡ります。童謡・賛美歌・こどものうたなどの中から、
多くの歌を歌っていきます。年中児からは、音楽講師によるトーンチャイムという楽器演奏の時間も加わります。一人一音を担当し、全員で調和する演奏は、心を合わせる
心地良さを子どもたちに伝えています。

ひかり文庫

幼稚園の図書室は”ひかり文庫”と呼ばれ、約3000冊以上の絵本が揃っています。
絵本は、隔週金曜日に子どもたちが選び、おうちに持ち帰ります。また、読み聞かせの専門ボランティアの方によるおはなし会も定期的に実施しています。

4-2-4

自由遊び

広い庭園を走り回ったり、大好きな砂場で、泥だらけになってお山を作ったり。

先生と一緒にボール遊び、縄跳びなど、全園児が一緒になって、好きな場所で好きなことをして遊びます。教室のなかでは、折り紙や大きな積み木に挑戦する姿も。
園舎内も、自由時間には走り回ってもOK。お友達とぶつからないようスピードを落としたり、身体のバランスをとることも大切な運動感覚を養います。

SI遊び

自ら思考する力や想像力を育み、たくましく生きるチカラを伸ばしていこうとするあそびです。「みずから考え、みずから気づく子どもに」ということを第一に作られた「SIあそび」は、単なる知能教育ではなく、思考力・創造力を育て、たくましく生きる力を育てます。
この遊びは全人的な教育を目指すあけぼの幼 稚園の保育の必要な部分を満たすものだと考えています。
毎年1学期にはSIあそびの参観日があり、SI遊びの開発・教員指導にあたっている講師の先生による解説や子育て相談もあります。

園生活の充実

お弁当&給食

子どもたちの喜ぶ声をエネルギーに、お母様方は日々のお弁当作りを楽しんでくれます。
でも、ちょっとお弁当作りをお休みしたい時もありますね。
好き嫌いを減らしたいとの声もあり、週一回月曜日にお弁当給食を実施しています。
野菜摂取を心がけたメニューで、苦手な食材にもみんなで挑戦しています。

送迎サービス

送迎はできるだけお家の方にお願いしていますが、送迎が大変な日には、送迎サービスがお手伝いをします。
園バスではなく、希望申込制で1回150円です。
自宅送迎と組み合わせて上手にご活用ください。

預かり保育

毎朝、保育時間の前と、午後の保育終了後16:30迄お子さんをお預かりし、楽しく、安全な時を過ごせる場所を提供しています。
年令に関係なく一緒に遊べる自由なひとときです。利用理由は問いません。
1コマ30分で150円(ももぐみは200円)です。

卒園しても楽しい

毎週日曜日になると、卒園生が教会にやってきます。あけぼので触れた、神様の愛。
これをずっと持ち続けて大きくなってほしいと思っています。
子どもたちの成長をずっと見守っていく、そんな幼稚園が私達の理想です。

お母様も楽しい

お母様のための学びの機会、交流の場も数多く持っています。
成長する子ども達のために、そしてお母様自身のためにどうぞ思い切り役立てて利用して下さい。

父母と教師の会

お母様方と教職員とが、クラスの様子、園児の様子を報告しあい、みんなであけぼの幼稚園を創り上げていく場です。
お母様方交代での託児もあり、弟・妹さんがいても安心です。

あけぼの会

大谷園長を司会役にして、お母様方と共に子育ての基本について学ぶ場です。
こどもから可能性を引き出し、積極性や他人へのおもいやりをはぐくむ育て方を分かち合います。

ハンドベルサークル

副園長先生が指導するお母様たちの音楽サークルです。
卒園したお母様方も参加しています。
入園式、卒園式ページェント等で演奏したり、慰問演奏に行ったりします。

第一礼拝

日曜日の保育と平行して、ご両親のために開かれています。ご家族・ご夫婦の、
特に親としての、人間のありかたに生き方について考える時となり、内面の充実と新たな力を生むことでしょう。

3point_title_3 3point_title_2 3point_title_1 class_0class_5 class_1 class_2class_3class_4